ボールペンは余り使わないが

筆記具は最近ほとんど使わないが、ボールペンでないと書き難い書類がたまに出て来る。そこで、ほとんど使っていないボールペンを持ち出し、文字を書こうとするが、インクが出ない。グ〜〜、イヤだよこれ。そんな時、永く使っているペリカンのボールペンで書いていた。が、これもついにインクが無くなった。(下の写真の上のもの)
このボールペンは、値段が5,000円もしなかったと記憶するが、まだ、デザイン制作がデジタル化していない、20年以上前にデザイン用具と共に購入した。その頃は、アナログによるデザイン制作部分があったから、デザインする用具は安いものでは無く、質の高いものを使っており、それはデザイナーと言うプロには必須と考えられていたろう。

デザイン用具のついでに買ったペリカンのボールペンだが、これは以外と書きやすく、20年以上使い続けても、その時々インクが出ない時は無かった。これは100円のボールペンと違い、さすがだと思う。ブランド品とか言うが、所詮多くは量産品だし、そのブランドの善し悪しは、過去に使った体験が証明してくれる。
で、次は使い捨てのボールペンで良いとも思ったが、ペリカンのクラッシック K205(下の写真下のもの-10,000円)を購入。勢いでパイロット キャップレスボールペン(写真中央のもの-2,500円)も買ってしまった。
外出時に銀座のitoyaで購入。Amazonなら30%程度安くなるが、購入時に書き味を確認出来ないのは、致命的かも知れない。
これらのボールペンが良品かどうか?は、時間を経れば解るだろう。

ペリカンのクラッシックK205(下)とパイロットキャップレスボールペン(中央)。上は今まで使ったペリカンのボールペン

ペリカンのクラッシックK205(下)とパイロットキャップレスボールペン(中央)。上は今まで使ったペリカンのボールペン

カテゴリー: 買物・ショップ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>