事務所隣の崖に咲いた藤の花

facebookなどを見ていると、藤の花が咲く季節のようだ。
藤の花というと、調布にある國領神社様の「千年乃藤」と言う藤棚を見学に行きたい、と思っているが、残念ながら今年も行けそうに無い。だが、特に藤の花が好きな訳では無く、ここの宮司様と面識を持てたからであり、藤の花の方でも、わたしの様な「花より団子」で、足りてないジジイは願い下げだろう。

そう言えば、事務所の隣の空き地の崖に、藤の花が咲いていたのだ。やはり、幸福の青い鳥は身近に居るに違いないと、隣に見学に出かけた。フムフム、他の樹木に混ざって藤が咲いている。藤棚も良いかも知れないが、このゴタゴタした中で咲いているのも、ささやかで、密かな感じがあり好ましい。写真も写してみた。(下の写真)

事務所の隣の空き地は、30数坪だろうが、何と50年位前から空き地のままだ。凄いよね、恐ろしや雑司が谷村。わたしが、もしこの土地のオーナーなら、即売り飛ばして、放蕩三昧と行きたい。まぁ、そんな貧乏人の所有物では無く、用途も決めずに空き地のままなので、昨年の秋などは、雑草でジャングル状態だったが、もう長年に渡りそんな状態が続いて来た。
わたしも空き地の状態に慣れ親しんでいると言えて、「そろそろ○○が群生する季節かな?」などと思って暮らしている。
これこそ、贅沢な事と思っているが、この状態が永遠に続く事は、寺社の土地ならともかく、23区内で民間所有では、無理だろうと改めて思えた。

事務所隣の崖に咲いた藤の花

事務所隣の崖に咲いた藤の花

カテゴリー: 雑司が谷について タグ: , パーマリンク

事務所隣の崖に咲いた藤の花 への2件のフィードバック

  1. ランドホーム坂井です のコメント:

    ちょ~お久しぶりです!!!!!!懐かしい先生様の言い回し・・・昭和の時代に
    読んでいた小説の一節のようです・・・
    ここに、コメントしたのは、わたくし、不肖坂井、ご幼少のみぎり、調布市下石原に住んでおり、国領に反応してしまったのです。
    駅は西調布利用・・・多摩川のほとりで、のびのび過ごした良い時代でした・・・

  2. Hiroshi Takao のコメント:

    坂井さん、ご幼少時は、調布にお住まいでしたか。
    多摩川の側辺りも環境が良いでしょうね。
    わたしも移住したいものですが、なかなかそうは行きませんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>