みちくさ市ブングテン3に行く

今回のブングテン3に行って、出展された方は、13人いるが、それぞれの人の思い入れの強さに圧倒した。
一般的に文具とは、過去の事務用具、筆記用具であり、過去にさかのぼる訳だが、かなりこだわりのある各々のテーマが見られる。そこに向う集中力は、並ではなく、川窪万年筆さんは、万年筆製作のプロだからそうとも思うが、過去に向うパワーすら感じられた。

まず、川窪万年筆の川窪さんにご挨拶。そして、前回拝見した、消しゴムマニアさん、たいみちさんの展示を主に拝見した。
写真を撮ると、なおさら感じられるが、これはレトロとか、懐古趣味とか言われるイメージだろう。しかし、そういった単に概念では無く、昔あったクレヨンを眺めていると、その時代に向うパワーすら感じてしまう。
それは出展された人のパワーかも知れない。確かに前に進むより、後ろに戻ることに、その意志を向けるのもアリだと今更ながら思った。
前回のブングテン2は、昨年の秋だったが、またお会いしたい。次回はもっと楽しんで見たいものだ。

川窪万年筆さんブースより

たいみちさんのクレヨン

消しゴムマニアさん

カテゴリー: イベント・行事, 雑司が谷について タグ: パーマリンク

みちくさ市ブングテン3に行く への2件のフィードバック

  1. ゆかりん530 のコメント:

    こんばんは。
    ぶんぐてん、面白い企画ですね。レトロ感漂う面白い物がたくさん!!

  2. Takao のコメント:

    ゆかりん530さん
    ブングテンかなりマニアックかもです。雑司が谷では、手創り市、みちくさ市などいろいろとイベントがありますので、好まれるイベントに来られると良いと。
    わたしは、御会式(おえしき)がお薦めですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>