やはり呼吸をしないと生きて行けない

この所ブログの記事が書けなかった。
それは3月11日(日曜)に、咳が出て呼吸が出来なくなり、救急車で搬送、病院に着いた頃には、ほぼ意識が無かった。しかし、意識は戻り、入院となった。病名は急性心不全らしい。お医者様に、2週間以上の入院と言われた。原因はともあれ、呼吸が出来ないと生きては行けないのは確かだ。
しかし、3月は年度末で大学をはじめ、切り替えの時期で、2週間の入院は不可能と判断し、1週間で少々強引に退院した。今は入院日からすでに3週間近く経っており、また、通院での治療が適切だと思え(担当医のT氏は、若いが偉い、流石です。)、だいぶ日常が送れるようになった。(K会長はじめご心配頂いたみなさまにお礼申し上げます。)

退院後の18日過ぎは、仕事など処理能力の低下に対し、処理量が多く、食事制限もあって、忍耐の日々だった。とても鬼子母神、池袋方面を徘徊する余裕は無く、護国寺方面で用事を済ます程度だった。
先日、目白台経由で護国寺に行ったが、子供の頃、東京大学付属の分院がここにあり、良く通ったのを思い出した。

そう言えば、わたしはこの東京大学付属分院で生まれたのだが、生まれた時に、すでに死にそうだったらしい。かなりの早産で、父が「ネコの赤ん坊の様だった。」と言っていたし、昭和26年頃の医療では、ほぼ死んでしまったと聞いていた。
それがなぜ生きられたか?は、胃腸が丈夫だった事と、この東京大学付属分院で生まれ、戦後6年経た時期としては医療レベルが高く+医師、看護婦の必死の対応が、大きいと聞いている。有り難い事です。
 Wikipedia-東京大学医学部附属病院を見ると、分院は、「1908年6月 – 現在地(小石川区雑司が谷120番地、現 文京区目白台3-28-6)に移転」とあり、「1917年8月 – 東京帝国大学へ移管、医科大学附属医院分院となる」とあって、かなり古くからある病院だったようだ。 2001年に閉院して、今はかなり広い更地となっているが、塀と正門にあった守衛室がわずかに残っている。

この正門を見ながら、まぁ、そうすると、わたしは2回死にそうになったのか?と思ったが、馬鹿は死ななきゃ治らない。は正解だろう。それにしても、せっかく生きているのだから、楽しく、極楽に生きて行くのも正しい選択とも思えた。

下の写真は、目白台にある東京大学付属分院跡に残る正門の守衛室。アールデコだろう?豪華ではないが、かっての西洋建築の様式を取り入れた建築で、日本が的確に西洋文化、教育を取れ入れる姿勢が表れていると思える。しかし、現在あまり時代と共に進んでいるとは思えない日本は、今後どのようになるのだろうか?

東京大学分院跡に残る正門

カテゴリー: 運動・リハビリ タグ: , パーマリンク

やはり呼吸をしないと生きて行けない への11件のフィードバック

  1. GENZO のコメント:

    何はともあれ、ご無事でよかったです(^-^)
    今度ゆでた一緒にまた葉っぱ食べましょう^^

  2. 浅草のK のコメント:

    お大事にしてくださいませ〜。

  3. GENZO のコメント:

    おはようございます♪
    なんか昨日のコメント日本語になってない(´Д`)
    「今度ゆでた葉っぱまた一緒に食べましょう^^」
    です。養生してください♪

  4. ヤマザキ のコメント:

    大変な経験をされましたね。ぼくは23年生まれですが、やはり何が起こっても不思議はないと思っています。
    御身大切にして下さい。
    守衛室の写真、色の感じに惹かれます。

  5. たてわきジャレット のコメント:

    よかったですね。ご無事で。

    鼻炎がひどく、赤丸べーかりーにはとうとう行けずじまい。
    来週日曜日に行けるかもです。パン、持参いたしましょうか?

    御身お大切に。ご無理なさらずに。

  6. Takao のコメント:

    GENZOさんありがとうです。
    茹でた葉っぱですか?ま、仕様がないかな。
    また、遊んで下さいね。

  7. Takao のコメント:

    浅草のKさん
    やはり、ホットケーキ食べに行かなかったから
    バチが当たったのだと思います。
    浅草に行きたいよ。

  8. Takao のコメント:

    ヤマザキ様
    お元気そうで何よりです。
    お互いに体に気をつけて、やりたい事
    進めたいものですね。

  9. Takao のコメント:

    たてわきジャレットさま
    鼻炎とは、花粉症でしょうか?お大事に。
    赤丸さんは、1度はおいで下さいね。
    わたしは、自分で購入しますので、お気持ちだけで十分です。
    また、機会を作りましょう。

  10. うさみバーガー のコメント:

    高尾先生
    ブログ拝見しました。
    ご無事で本当に良かったです。
    体調が悪いとは知らずに、自分の卒業報告だけをしてしまい、
    申し訳ない気持ちでいっぱいです。

    その後、体調はどうですか?
    あまり無理をしないでくださいね。
    高尾先生の体調が回復されたら、是非美味しいものでも食べに行きましょう!

  11. Takao のコメント:

    うさみバーガーさん
    こちらこそ、いつもご連絡をせず、あいすみませんです。
    しかし、今回は体調が良く無く、辛いでした。
    体調が良くなったら、ご連絡致しますね。
    なんか美味しいものでも食べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>