池袋の地下通路は大好き

痛風が発症したし、やはり、外食で野菜を取るのは難しく、最近は出来るだけ外食を控え、昼食も事務所で「独り鍋」で食べている。これ意外と行けますよ。今日、用事で池袋に出かけたが、JRの改札のある東口と西口を結ぶ地下通路で、くだものや野菜を販売していた。
やはり果物は高いが、野菜が安い。大根、長ネギ、春菊、白菜などが105円程度で販売されていたのを見つけた。普段、野菜は家まで持ち帰るのが面倒だし、それにジジイと言っても、若い娘やセレブなご婦人の横を長ネギとか大根を持って歩くのは、どうもねと思っていた。しっかし、この所、野菜中心の独り鍋をしているし、前後の見境も無く、長ネギ、春菊、白菜、カブを購入。4品で435円だった。

事務所でお昼は、さっそく鍋にして食べたが、なかなか量があってたっぷりと野菜が取れた。面白いのは、各野菜に小さな用紙が入っていて、生産した人の町と名前が記されている。農事組合法人 房総食料センターという組織が運営されているようで、そのサイトを探すと、決して格好は良くないが、ちゃんとHPがあった。
同梱された用紙から、長ネギ生産は、横芝光町の土屋さんと解り、その写真をWebで確認出来る。他の野菜も生産者さんの確認が出来る。
これはだんだんと、生産者と消費者でコミュニケーション出来る環境となるだろうし、そこに価値が生まれると思え、単に日本の農家を守ろうでは説得力は無い。わたし個人の場合、生産者さんのWebを見て、仮に放射能で汚染された、東北地域の農家が生産者でも全くOKですよ。生産地を偽っているより、比較にならない位逃げが無いからです。

下の写真は、池袋地下通路で購入した4種の野菜。

房総食料センターさんが販売していた野菜

カテゴリー: 考え方・好み, 飲食・料理 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>