デジカメLUMIX DMC-GF3を持って出る

先日購入したパナソニックのLUMIX DMC-GF3は軽い(359g)から、近郊に出て写真を撮ってみようと思った。やはりカメラが軽量なら、撮影したその場で、インターネットに情報をアップしやすいだろう。
具体的には、まずデジカメLUMIX DMC-GF3に、昨年購入した、メモリーカードEye-Fi(アイファイ)カードを用いて、撮影した画像を携帯しているiPhoneに送る。それをPhotogeneなどのアプリで補正、リサイズしてfacebookなど公開するサイトにアップするという手順。やはり、モバイルPC端末に依存するのだが、わたしはiPadでも重く、ノートなどはムリでiPhoneが精々だろう。

一応、デジカメから該当サーバへのアップという流れはつかめたが、果たしてモバイルしてまで情報をアップすべきなのか?と言う根底部分で疑問が起きた。大体自分が、重要もしくは、必要度の高いコンテンツを持っているか?情報発信が必要か?と言う点で、大きな疑問が起こるのだ。まぁ、やりたきゃやれば良いのであり、他人様の事はおかまい無し。でも可だろうが、良識あるジジイと言うより、それは「無理してまで情報発信したくは無い。」というジジイらしい理由なのかも知れない。

下の写真は、東武東上線朝霞駅での眺め。形体に美しさがあって、現代的で良さがあるのかも?だが最近私鉄各駅でも、整備された駅周辺が多くなった。が、そのイメージは単一化しており、「どこの駅も同じよう。」でそこの地域特性はますます弱くなる。
駅周辺の店舗もチェーン店が多く、かなり郊外に行かないと、ホッと出来る駅は減少して行くだろうと思えた。

東武東上線朝霞駅にて  DMC-GF3

カテゴリー: アート・写真 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>