デジカメLUMIX DMC-GF3で撮る

パナソニックのLUMIX DMC-GF3を購入したので、早速、昨日17日の日曜に鬼子母神へ出かけ、今日池袋に行ったついでに写真を撮ってみた。全体の感想は、良く写ると思う。
良く写るとは、AIなどのオートモードがあるし、ぼけ味コントロールもあって、写真の知識が無くても良く写る選択肢がある事でもあるが、しかし、これらのやさしい導入機能は、オラ関係ネ〜だよ。
カメラの基本のシャッター速度と露出設定が迅速に出来ればよろしい。
だが、カメラの設定は、ソフトによって多様な設定が可能となっている。これは概要が解れば、パソコンに比べて範囲が狭く、使えない範囲では無いだろう。
シャッター速度と露出にこだわりを持っているが、それはカメラが、電子化して行く中で汎用性のある事柄は何なのか?と思うからでもあり、個々の機種のGUIに振り回されてはたまらない。と思うからだ。

付属品にテレビに接続するAVケーブルがあったが、わたしは100%テレビと接続しません。しかし、パナソニック様だから2012.6月現在、主力はまだテレビなんでしょうか?会社内の部署ごとのお付き合い、社内連携は大切でしょうが、世の中の流れを見ると、テレビよりインターネットに接続出来てナンボでしょう。
また、パソコンとの接続は、WindowsOSには付属ソフトがあるが、MacではUSBでの取り込みとなり、ネットに写真をアップする道のりは、整備されておらず、遠いと言えるだろう。わたしが言うのもおこがましいが、テレビなんか相手にしている場合では無く、レンズでライカと提携してるのだから、Dropboxなどのオンラインサービスとの提携も考慮して頂きたい。さて、またしてもブツブツと文句を言ってしまったが、肝心の写真の質はどうでしょうか?

下の写真は、LUMIX DMC-GF3で撮影したものです。奥行き、対象のイメージなど個々に変えてみたのですが、スタンダードに良く写ると思えます。本体、レンズ(14-42mm)共にコンパクトですし、一眼レフ+単焦点レンズより良くなるとは思えませんから、良い線行っているのではないでしょうか?
ま、下の写真の写りが悪いのは、撮影者がダメだと言う事で、メーカー様の責任では御座いません。6点の中で好きな写真は、「中華ソバターキーの調味料」。「西武デパートウインドウ」は、「ドンキホーテ」の向かいのディスプレイ。イメージが対照的で何とも池袋らしい。

カテゴリー: アート・写真 タグ: , パーマリンク

デジカメLUMIX DMC-GF3で撮る への2件のフィードバック

  1. 江原隆生 のコメント:

    ボケ味のコントロールを見てみたいです。

  2. Takao のコメント:

    江原さん
    ボケ味のコントロールは、AI、Aなどのオートモードで使えるようです。
    わたしは、今イチですが、F値を知らない人には良いかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>