デジカメLUMIX DMC-GF3を買った

最近、半病人となったこともあって、一眼レフを持って写真を撮りに行くことが少なくなった。ズームレンズをつけたりすると、一眼レフは重く、長く歩く事自体が辛いので持ち歩かなくなる。
やはり、半病人+年寄りだと、ここ数年前から出て来たミラーレス一眼かなとは思っていた。これは日本のメーカー数社から発売されているが、その中でも、堅いカメラ造りをするニコンか、昔のOLYMPUS PENを継承するオリンパスと思っていた。
ミラーレス一眼は、一眼を軽量化して、レンズ交換が出来るコンデジだろうが、ファインダーが電子化されるとともに、カメラ操作回りもソフト化されて、より操作が複雑化する危険も大きい。
その点、ニコンとオリンパスは、堅実かな?と思っていたのだが、土壇場になってパナソニックのLUMIX DMC-GF3にした。これは池袋ビックカメラ売場のS氏のご意見と、店頭で実物を見て決めてしまった。
まず、OLYMPUS PENだが、総合的に良く出来ているのかも知れない。ただ、OLYMPUS PENと言うと思い出すのは、約50年前に発売さえたペンFで、その機能・デザインは衝撃的だった。それに比べると今のOLYMPUS PENは、二番煎じ。過去の遺産にぶら下がっているように見えてしまう。「先輩の功績で楽すんなよな。」とさえ思える。
NIKON1 V1は、良いと思うけど重いよ。これだったら、むしろ同社の一眼のD3200がより軽くなり良いでしょう。後続機種に期待したい。

いろいろと記したが、なぜパナソニックのLUMIX DMC-GF3にしたのか?は、「ともかく、使ってみましょう。」と思えたからだ。ズームレンズ14-42mmを付けて約359g、極力本体を軽量化していると思え、一つの方向性を感じたからだが、最新のGF5にしなかったのは、写真のエフェクト機能など、「そんなことカメラでするかよ。Instagramと同じにネット接続出来るのかよ?」と思える機能が追加されていたからだ。
日本の企業商品でお節介機能を良く見かけるが、言い換えれば、それはユーザを甘く見ているとも思え、「そんなことするなら、汎用性のあるカメラ専用のOS開発でも進めたら?」と言いたい。
まぁ、前途多難で、文句が絶えないかも知れないが、文句を言いながら楽しく、このDMC-GF3を前向きに使い倒したいと願っている。

下の写真は、LUMIX DMC-GF3。撮影したカメラはNikonです。

パナソニックLUMIX DMC-GF3

カテゴリー: アート・写真 タグ: , パーマリンク

デジカメLUMIX DMC-GF3を買った への2件のフィードバック

  1. 浅草のK のコメント:

    パナのLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020というレンズに興味があります。
    とはいえ、本体は持ってませんが。
    買うとしたら当方はPENですかね。
    PENなら本体手ぶれ補正があるので、パナのレンズも(一応)使えます。
    しかし、イメージセンサーを電気屋さんが作るのはわかりますが、電気屋さんがレンズまで作るとは…。どこかレンズ屋さんを買収したんですかね?

    ついしん
    ヘルベチカというDVDを購入しました。

  2. Takao のコメント:

    浅草のKさん
    電気屋さんがレンズ作り。鋭いですね。
    LUMIXは、レンズをあのライカと提携しているようです。

    >ヘルベチカというDVDを購入しました。
    素晴らしい。そんなマニアックなDVDがあるのですか?
    今度内容をお教え下さると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>