冬スクーリングは激しかった

冬のスクーリング、デザインIという授業が12月18日に終了した。
この授業は、2002年からしているので、10年となるが8年位前から今の若手3人の先生方も加わり、クラス分けをせずに複数教員による授業を進めている。今や若手の先生方は、それぞれのスタンスから意見、指導をされ個々に特長が表れて、頼りになる人達となった。
ま、成長著しく、個々にご指導されているとも言えるだろう。しっかし、それに比べて、わたしの成長は鈍い。大鈍。下手すると後退する。

それを知ってかどうか不明だが、今回は、若手のK先生とY先生が、わたしが研究室に出校すると、椅子に座る間もなく、あ〜だ、こ〜だと言われ、帰りの電車でもそれが続く。授業中は、それは余り無く、みなさん熱心な指導をされていると思うが、さすがのわたしも、何か解らんが多く刺激を受けた。
K先生曰く、「年寄りだから、刺激を与えてないとボケますから。」と最終日、大人の受講生と共に帰る電車内で説明していた。「確かにその通りだが、しゃくに障るヤツだね。」と思う。だが、いろいろと言われるのは、有り難いとも思う。言われる内が花と言うか、言われなくなったら、終わりかも知れない。
おかげで1日過ぎた今日も頭が混乱しているが、一方でこの授業スタイルが成熟したとも思え、嬉しく思うのも確かだ。今までこの授業にご尽力頂いた。Y名誉教授、講師をされていたTさんにも感謝したい。また様々な展開をされた受講生にも。

下の写真は、受講生の作品の写真を撮ったのだが、ここに掲載する了承確認をしなかった。で、K先生のブログ写真を借用し、エフェクトをかけることに。
しかし、今朝、元写真をわざわざメールで送って頂けたので、その部分写真とした。

K先生から借用した吉校校舎の写真部分

カテゴリー: アート・写真 タグ: パーマリンク

冬スクーリングは激しかった への4件のフィードバック

  1. じろんこ のコメント:

    冬スクお疲れさま+ありがとうございました。
    新宿の悪ガキの方です。
    初日、先生の顔色が悪くてコンディションが心配でしたが、徐々に回復し、最終日にはすっかり元気になられて安心しました。
    まだまだ気を緩めるつもりはないので、今後とも宜しくお願いいたします!

  2. Takao のコメント:

    じろんこ先生
    この記事は、閲覧者は多いのですが、コメ入れる人は、ためらってか
    少ないですね。笑
    気を緩めるつもりは無いのですか。わたしも、年寄り+ゆるふん、にならない様に
    努力致しますので、今後ともよろしくお願い致します。

  3. アゲハさん のコメント:

    先生、冬スクお疲れさまでした!
    今回もなかなか楽しく勉強になるヒトトキでした。
    どうもありがとうございました。
    先生の顔色も6日間でみるみる血色がよくなったようで、
    新宿の悪童と千葉の悪童は一安心いたしました。
    これでなんとか年越し、できますね☆
    来年もご指導、どうぞよろしくお願いいたします!

  4. Takao のコメント:

    アゲハ先生
    >先生の顔色も6日間でみるみる血色がよくなったようで、
    本当かいな?イジメにあって、血圧上がったんじゃ?

    ともかく、充実した時を過ごせるのは、悪童君達様のおかげです。
    来年も、ご協力、いやご指導の程よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>